会員限定特別セミナー2017を開催しました。

先日京都本部にて会員限定特別セミナーを行ないました。

 
今回のセミナーの内容は以下の通りです。
 
【内容】
T 特別講義
距骨下関節の機能解剖とその機能障害に対する治療の考え方
講師:田口 裕(理学療法士)
 
U 実技セミナー
PNFテクニックを利用したJSAのアプローチ
講師:海野 千和(JSA手技療法協会講師)
 
前半は現在弓削メディカルクリニックで理学療法士として活躍し、
言語聴覚士でもある田口裕先生より講義。
 
 
 
 
足部を理解するにあたって名称を整理し、
回内、回外という運動はどの骨がどの方向に動くことを指しているのか
改めて定義付け頂くなど、今後足部を学んでいくにあたっても
必要な知識が満載の講義でした。
 
前額面、矢状面、水平面と3軸にわたって動く
距骨下関節の動きを理解したことで、正確な病態把握が可能になり、
より繊細な治療を患者さんにご提供いただけたら幸いです。
 
 
 
 
 
後半はPNFテクニックを利用したJSAのアプローチ。
「PNF」という手技自体は一般的にも有名であり、
ご存知の方もいらっしゃったかと思います。
 
今回はJSAのアプローチに応用するにあたり
そもそもPNFのテクニックは生理学的に何を行なっているのかを紐解き、
原理原則を体感いただくことに重点を置き、JSA手技療法との接点から
講師の海野よりお伝えさせていただきました。
 
 
 
 
昨日お伝えした内容はあくまで使い方の一例であり
JSAの構成運動テクニックであれば基本的に全身に応用可能です。
 
また求心性、遠心性、等尺性の筋収縮は
生活の様々な場面で使われています。
 
例えば階段を降りる際の軸足は、
膝屈曲時において伸筋群の遠心性収縮が起きています。
 
階段を降りる際に軸足の膝を曲げるのが痛い患者さんには
セミナー内で行った膝屈曲90°を作る際の伸筋群の遠心性抵抗が
非常に有効な手立てとなるわけです。
 
患者さんの痛む動きについて、「筋肉がどのように収縮しているか」
という視点はより関節治療の幅を広げるきっかけにもなるかと思います。
是非色々試してみてください。


 

今回も20名以上の先生方に集まっていただきました。
いつも本当にありがとうございます。
 
 
 
今後も何卒よろしくお願いいたします。
 
JSA手技療法協会事務局


| 2017年05月31日 13:24:33 | コメント(0) | 協会員の日記 |


会員限定特別セミナーin名古屋

 2016年11月23日(祝水)に中部支部会員限定特別セミナーが開催されました。

 
今回のセミナーの内容は以下の通りです
 
【内容】
 
<1>特別講演 10:30〜12:00
講師:山口 力(せとぐち心療内科クリニック院長、JSA手技療法協会顧問)
『現代日本のこころの病』
 
<2>お昼休憩 12:00〜13:00
 
<3>会長講演、実技セミナー 13:00〜17:00
講師:田口 幸三郎(JSA手技療法協会 会長)
講師:中井 尚(JSA手技療法協会 本部学術部長)
『腰痛、骨盤帯痛と向き合う』
 
 
毎年午後から行うことが多かった特別セミナーですが、
今年は午前10:30からお集まりいただき、当協会顧問の
山口先生の特別講演から開始。
 
慢性腰痛の98%は心因性のものである、という
衝撃的なお話から始まり、臨床において心療内科領域が
切っても切り離せない関係であることを学びました。

 
お昼休憩も山口先生にお付き合いいただきましたが、
受講生がこぞって質問をしに行く様が印象的で、
他分野であっても第1線で活躍されている先生のお話を聞き
新しい視野が開けた時間になっていたら幸いです。
 
午後からは実技セミナー。
腰痛骨盤帯痛と向き合うということで、
 
@仙腸関節と腰仙関節から診る骨盤前傾・後傾障害
A骨盤前傾・後傾障害による筋肉や靭帯のスパズムについて
B会長の臨床における腰痛患者に対する病態把握法や治療方針の立て方
 
以上3点に焦点を絞りお伝えさせて頂きました。
 
前半は講師の中井より
 
「骨盤前傾、後傾に伴う仙腸関節、腰仙関節の動き」
 
に着目して実技。

 
現状基礎セミナーについては単関節アプローチに主眼をおいて
仙腸関節と腰仙関節を説明しているため、骨盤の前傾、後傾について
どうしても理解が及ばない、もしくは誤解が生まれているケースがあるかと思います。
 
今回はそういったケースの払拭と
骨盤前傾と後傾における仙腸関節と腰仙関節の動きを理解することで、
間違いなく現状の手技向上の助けになる。
 
そういった想いの中お伝えさせていただきましたがいかがでしたでしょうか。
 
今回のセミナーの中だけではつかみきれなかった感覚があれば
アドバンストセミナーでも随時対応致しますので是非今後もご参加ください。
 
後半は会長より、
普段会長がどういった考えのもと腰痛、骨盤帯痛と向き合っているのかお話頂き、
実技では主に腸腰靭帯や梨状筋含めた周辺軟部組織のアプローチ、また
Fairテスト、PLF・反PLFテストの応用と治療についてお伝えさせていただきました。
 



講義の中ではあまり触れられませんでしたが、
レジュメの2枚目の「◎検査・治療の流れ」部分は是非一度読み直して頂ければと思います。
会長が普段治療している流れの一例が記されています。
 
その流れから何を読み取り、どのようにアプローチしているのか
現状自分はそれで患者さんを満足させられるだけのものを提供できるのか。
 
非常に勉強になります。
 
セミナー後は恒例の懇親会。
 
受講生の方からJSAに対する非常に熱い想いをお聞きする場面があり、
自身ももっと技術の研鑽をすると共に、もっとより多くの治療家の方に
JSAを知っていただきたい、そうすることが世に関節機能障害で苦しんでいる方を
救うことにつながる、と改めて感じる瞬間でもありました。
 
 
次回の特別セミナーはは来年5月を予定しています。
お楽しみに。
 


| 2016年11月30日 21:41:07 | コメント(0) | 協会員の日記 |


徹底的に膝関節

5月15日(日)午後1時から京都の本部にて会員限定特別セミナーが開催されました。

今回のテーマは前回11月の特別セミナーで予告していた通り「徹底的に膝関節」!

全国各地から自分の患者さんを何とかしたい!という熱い気持ちを持った受講生のみなさん23名(スタッフを入れて30名)と盛り上がりました。

<内容>
1 特別講義
 
講師:櫻井 隆二(わかば鍼灸整骨院院長)
 
『見つめなおす!仙腸関節』
@仙腸関節が重要視される理由
A仙腸関節を動かすためのポイント
 
2 実技セミナー
 
講師:中神 孝策(JSA手技療法協会副会長)
 
『徹底的に膝関節』
 
 
特別講義では櫻井先生より仙腸関節の構造や機能を改めて見直し、
「なぜ仙腸関節が大事なのか」お話しいただきました。
 
また仙腸関節を動かす際の「患者さんにとってもらうべき肢位」など
丁寧に解説頂きました。
 
JSA手技療法協会でも重要視している仙腸関節。
改めて見つめなおすきっかけとなれば幸いです。
 
 
 
 
 
続いて実技セミナーでは「徹底的に膝関節」ということで、
主に「膝蓋大腿関節」に注目し実技が行われました。
 
基礎セミナーやアドバンストセミナーでお伝えする機会が多いのは
主に「脛骨大腿関節」。今まで膝蓋大腿関節に関するアプローチが
なかったわけではありませんが、屈曲時の遠位への滑りくらいに
とどまることが多かったかと思います。
 
今回JSAでも初めて本格的に膝蓋大腿関節に取り組み、
膝蓋下や大腿骨前部にある脂肪体、膝蓋支帯などが改めて
「膝蓋骨の動き」を制限し、膝の痛みや可動域制限につながることを
実感しています。
 
脛骨大腿関節だけでも正確に行なえれば、ほとんどの膝の痛みは解消できますが、
さらに「膝蓋骨の運動」に着目し、膝に対するアプローチを深めるきっかけとなれば
うれしい限りです。
 
 

 
 
 
次回特別セミナーについて11月には中部地区にて行なう予定です。
お楽しみに。
 
 


| 2016年05月16日 19:13:26 | コメント(0) | 協会員の日記 |


てってい的に肩関節2

 11月23日(祝・月)午後1時から名古屋の会場にて

会員限定特別セミナーが開催されました。
 
今回のテーマは、今年の5月に行なわれた『てってい的に肩関節』に続いて
『てってい的に肩関節2』!
19名の熱い受講生の皆さんと盛り上がりました。(スタッフを入れて26名)
 
【会員限定特別セミナー概要】====================
てってい的に肩関節2
 
特別講義&実技
『進化する肩関節アプローチ』  講師:田口幸三郎(JSA手技療法協会会長)
 
==================================
 
前回の会員限定特別セミナーで、
「肩関節については1回で終えられるような内容ではない」
と予告した通り、引き続き肩について徹底的に理解と実技練習をしました。
前回は、肩の構造と機能を学習し、前胸部の柔軟性と肩甲骨の上方回旋に
主眼を置いた内容で行ないました。
 
今回はさらに肩複合体としての理解を深め、肩周辺の各種疾患への理解と
治療法を学びました。
 
まずは、前回の復習とさらにそれを突き詰めた話。
滑液の機能や関節包の特徴、回旋筋腱板(ローテーターカフ)の働きなど
解剖学的・生理学的な話と臨床を絡めて新たな視点からの理解を得ます。
さらに、肩周辺にはどんな病があるのか、管理しなければいけないリスクとは、
肩の疾患の機序、等を座学で行ないました。
 
 
そして、後半は実技の特訓。
生体に触れるとはどういうことかという治療原理から始まりました。
そして、側臥位でのアプローチ法を重点的に練習します。
基礎セミナーで履修する技術でも肩の疾患はその70%が改善するが、
残りの30%については前回と今回の特別セミナーの技術でほぼ対応できる!
との会長の声に皆奮起し、汗をかきながら必死に習得に励みました。
 
 
 
先日事務局に、「早速、日々のリハビリに取り入れて、効果を上げています。」
や「五十肩の患者様の夜間痛が消えました!」との声が届きました。
お役に立てていることを非常に嬉しく思いますし、他の会員の皆様にあっても
そうであってほしいと願っております。
 
特別セミナーの内容は、今後のアドバンストセミナーでも学習・復習していただく
ことは可能ですので、どうぞご利用ください。
 
次回の会員限定特別セミナーは、5月に『てってい的に膝関節!』で行なう予定
をしております。会場は京都本部で行ないます。
詳細は決定次第、当HPで告知させて頂きます。ぜひご参加ください。
 
ご参加の皆様、本当にお疲れ様でした。
 

 
==========
 
 


| 2015年12月07日 15:22:30 | コメント(0) | 協会員の日記 |


てってい的に肩関節

 先週日曜日5/10に午後より京都本部にて

会員限定特別セミナーが開催されました。
 
今回のテーマは『てってい的に肩関節』。
20名の参加者を迎えて行いました。
 
【会員限定特別セミナー概要】==================
てってい的に肩関節
 
<1> 特別講義        講師:池浦 誠(八起堂治療院院長)
『TAM手技療法概論』
『3分で肩こりを解消する』
 
<2>会長講演        講師:田口 幸三郎(JSA手技療法協会会長)
『肩の構造と機能』(山口光圀氏講演より)
 
 <3>実技セミナー      
                  
『肩甲骨のアプローチ(其の一)』講師:同上
『側臥位で5分でできる肩甲上腕関節アプローチ』講師:中井 尚(JSA学術部長)
 
================================
 
冒頭は元洛陽健康倶楽部にも在籍していた池浦講師より
『TAM手技療法』に基づく講義と実技。
 
AKAがなぜ効果があるのか、突き詰めた時に
「関節の癒着」に着目しTAM手技療法を確立。
 
デモンストレーションでは、
池浦講師のスピーディーな動きにも関わらず、
細かい癒着部分の把握と的確な操作に一同驚き、
被験者の山田副会長の肩の可動域に変化が出た際には
感嘆の声が上がりました。
 
 
 
 
「TAM手技療法」についてはセミナーも行われているので
ご興味のある方は、下記URLをご参照ください。
 
http://www.hakkidou.jp/%EF%BD%94%EF%BD%81%EF%BD%8D%E6%89%8B%E6%8A%80%E7%99%82%E6%B3%95%E3%81%AE-%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/
 
 
その後は会長より「肩の構造と機能」について講義。
「肩関節については1回で終えられるような内容ではない」という
会長からのお言葉もあり、改めて肩の解剖について。
 
関節液の特性や量、関節包の特性、また実技セミナーにもつながる
前胸部や肩甲骨について細やかな説明がありました。
 
山口光圀氏の講演についてはネットで公開されていますので復習にご活用ください。
https://www.youtube.com/watch?v=64rreQTVJPg
 
その後の実技では、姿勢の改善とパフォーマンス向上に向け、
前胸部の柔軟性と肩甲骨の上方回旋に主眼を置いた内容を行いました。
 
 
 
 
手技の効果を実感し、セミナーで伝えられた動作の必要性を
改めて学んだ時間でした。
 
最後は中井講師による肩甲上腕関節のアプローチ。
 
基礎セミナーでは伝えていない、側臥位で且つ
屈曲と外転のフルレンジについて関節包内の動きに耳を澄ませるような
実技を織り交ぜながら講義が行われました。
 
基礎セミナーがまだ未受講であったり、基礎セミナー受講後まだ
間もない方には、まず関節包内運動を捉えることそのものが難しいため、
まずは包内運動を感じることからスタート。
 
 
 
 
 
限られた時間の中で神経を研ぎ澄ませ動きを感じることができた受講者の方からは、
新たな気づきです、とホクホクしたお顔を見ることができました。
 
今後の臨床の一助になれば幸いです。
 
次回の特別セミナーは例年通り11月に中部地区で行う予定です。
現状では、肩関節の各論にまで落とし込んだ内容で行う予定です。
詳細は決定次第、当HPで告知させて頂きます。ぜひご参加ください。
 
ご参加の皆様、本当にお疲れ様でした。
 
 
 


| 2015年05月16日 16:47:30 | コメント(0) | 協会員の日記 |


1 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |