筋肉や筋膜だけではなく、「関節包の中の運動」に着目し、痛みやしびれ、こり、運動障害や自律神経症状にまで向き合うJSA(Joint Skating Approach)手技療法協会。

私たちが大切にしているのは、“人間がもっと軽やかに生きる”ことです。

とり除けなかった痛みの解決はもちろん、その先に広がる患者さまの幸せ、また、私たち自身の誇れるプロとしての在り方を追求し続けています。

30年以上の歴史がありつつも、まだまだJSA手技療法は道の途中。志ある仲間たちと研究するたび、新たな発見があります。

究めるほどに感じられるこの技術の奥深さ・可能性を、ともに切り拓きませんか?

JSAの特徴

“痛みの解決につながる”

“関節包内”にアプローチする、JSA手技療法。

外から見える骨運動(関節包外運動)と、外からは見えない関節包内運動からなる関節の動き。そのうちの関節包内の動きが障害されると、関節痛が出現し、関節自体の動きも制限されてきます。JSA手技療法協会はこの関節包内へのアプローチに着目した協会です。その特徴は治療かつ検査であり、「診る」手技であること。包内運動を制限している因子を突き止めるために、関節包内と包外を共に診ていきます。関節運動を通して筋肉や筋膜、靭帯、皮膚、神経など包内運動に対して何が制限しているのか、原因を触知し治療します。症状は同じでも患者さまの状態は様々なので、日々手技は進化し、自由度は高くなります。操作としては関節面を軽く近づけた骨操作を特徴とし、関節軟骨の修復が見られる場合もあります。

POINT

  • 鑑別能力が高い(適応か否か、原因は何かなど)
  • 急性期症状にも対応できるケースが多い
  • 関節機能障害が原因であれば劇的な変化が起こる
  • 関節面を理解し操作ができればアプローチの自由度が高い

治療家の方・その道を目指している学生の方

JSA会員のメリットを知る
JSA手技協会に入会する

新着情報

PAGE TOP
MENU